改軌のこと

レールの次はいよいよ車両です。 

レール幅が変わるということは、車両の台車も改造しなくてはいけません。
この改造作業を「改軌」と呼んでいます。

改軌方法にはいくつか種類がありますが、ここでは「長軸改軌」と「短軸改軌」について説明します。

長軸改軌とは?
ちょうじくかいき 
台車台枠の幅を変えずに、車輪のみを内側に寄せて改軌する方式 

上記写真は一般的なNゲージ鉄道模型用車輪(一部除く)の断面図です。
上がNゲージ(9mm)で、下がNjゲージ(6.5mm)です。
台車台枠の幅を変えないので、ピボット軸を外側に押し出して長さを稼いでいます。


長軸改軌は台車台枠の幅を変更しないので、
軸を飛び出させる量が一定で、大量生産しやすく、比較的簡単に改軌ができます。
(機関車・一部製品除く)
個人で初めて改軌をなさる場合はこの方法をおすすめしています。

弊所ではKATO、TOMIX、マイクロエース、グリーンマックス他、
長軸改軌製品をご用意しております。


短軸改軌とは?
たんじくかいき
台車台枠の幅と車輪を両方改軌する方式

上記写真は一般的なNゲージ鉄道模型用車輪(一部除く)の断面図です。
上がNゲージ(9mm)で、下がNjゲージ(6.5mm)です。


右がNゲージ(9mm)で、左がNjゲージ(6.5mm)です。
短軸改軌は台車台枠の幅も変更します。


上がNゲージ(9mm)で、下がNjゲージ(6.5mm)です。
写真は鉄道コレクションの台車で、中央カプラー部分でセンター割りをしています。


左がNゲージ(9mm)で、右がNjゲージ(6.5mm)です。
蒸気機関車の改軌も短軸改軌の応用です。
こちらに蒸気機関車の改軌詳細写真があります)


右が長軸改軌、左が短軸改軌です。

短軸改軌は、
精度を必要とする工作が多数あるため、飛躍的に難易度が向上しますが、
台車台枠までも幅を縮小するので、より実車に近い印象を得ることができます。

現在のところ、弊所では鉄道コレクションと蒸気機関車の短軸改軌品を販売しております。

以下、長軸改軌と短軸改軌の詳しい改軌方法を掲載しております。

トレーラー車輪(長軸改軌と短軸改軌)
トレーラー短軸改軌台車
10系車両のサイトへ
簡易長軸改軌機関車動力台車

 短軸改軌機関車動力台車

 短軸改軌電車&気動車動力台車
SLの改軌
 DLの改軌


ページ最下部です。左のメニューよりご覧になりたいページへジャンプしてください。
左端にメニューが無い場合はこちら(HPトップへ)